需要がなくならない分野の一つです

AIの利用が広がる中、色々な分野で人の仕事が減って行くといった話も出ています。
AIを上手く利用できれば、人の負担を軽くすることが出来るのと同時に、生産性を上げられると思うので、活用が期待される一方、雇用が減るといった不安もあるかもしれません。
実用的なレベルに至るまでには、まだ時間がかかるでしょうが、どんなに便利になっても、やはり人間の力がなくてはならない分野もあると思います。
その一つが、医療です。
患者の側から考えると、やはりどの医師に診てもらうかといったことをはじめ、決断を迫られるような場面でどの様に対応してもらえるかといった部分は、とても大切だと感じます。
そこは、医師の性格や経験などがにじみ出るところであり、やはり生身の人でなくてはならないと思います。
便利になるところは増えるでしょうが、肝心な部分は、人が重要な鍵を握る形が理想です。
そう考えると、やはり医療の分野では、人材の需要がなくなることはないと感じます。

Copyright© 医療 All Rights Reserved.